地デジ放送の思わぬ弱点

今回、岩手・宮城地震で地デジ放送の思わぬ弱点が露呈した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080622-00000007-mai-soci
--
岩手・宮城内陸地震の発生時、震源に近い宮城県栗原市中心部で、アナログ放送なら強い揺れの直前かほぼ同時に伝わったはずのテレビによる緊急地震速報が、地上デジタル放送(地デジ)だと間に合わなかった可能性があることが分かった。システム上、地デジが約2秒遅れるのが原因。アナログ放送は11年終了し、地デジへ全面移行するため、速報を出す気象庁は「2秒の差は大きい」と思わぬデメリットに困惑している

地震の検知は14日午前8時43分51秒で気象庁が各放送局へ速報データを送ったのは4秒後。データ受信とほぼ同時に警報音と字幕を放送する仕組みのNHKの場合、アナログ放送は同56秒に流れ、地デジは同58秒と2秒の時間差があった。

 地デジは、映像と音声情報を圧縮し電波に乗せる。受像器(テレビ)内で復元処理に約2秒かかるため、地デジは地域に関係なくアナログより映像と音声が遅れる。速報も同じだ。

 気象庁によると、震度6弱の栗原市中心部では、強く揺れ始めたのは43分56~57秒。計算上、アナログ視聴者は大きく揺れ出す直前か、ほぼ同時に速報に気づく可能性があるが、地デジ視聴者は間に合わない。

 速報は昨年10月の開始以来3度目だが、「数秒前では何もできない」との声がある一方、「とっさに火を消した」などの評価する声もある。近くに住む両親が地デジ視聴者という同市の主婦(41)は「遅れは知らなかった。被害が軽くなるなら、速報は早いほうがいい」と話す。

 気象庁の速報担当者は速報の限界を認めた上で「強い揺れが伝わる速さは1秒に4キロ。2秒遅れれば間に合わない範囲が広がる。アナログ廃止は残念」。

 これに対し、地デジ移行を進める総務省放送技術課は「時間差はデジタル技術の宿命。速報はラジオや自治体の防災無線でも流している。他のメディアも活用してほしい」と苦しい説明。NHK広報部は「技術開発で時間差短縮も期待できる」としている
--

地デジの時間は本来より2秒遅いということになる。

つまり、テレビの時報は当てにならないか、地デジ完全以降後は世の中が2秒遅くなるということか。

技術の向上で、この時差を無くすことは可能なのか?


可能ならば、今地デジ対応機器を購入している人は、早く準備したつもりが時代遅れの機器になるという可能性もある。


ちなみにうちはギリギリまで地デジ対応の機器を購入するつもりはない。

ひょっとしたらその時に中古を買うかもしれない。

私にとってテレビはそんなに重要なものではない。



これは企業の営業戦略なのだ。

排ガス規制と称して、強制的に車を買い換えさせる。

アナログ放送終了と称して、家電を買い換えさせる。

メーカーは作りつづけなければ生きてはいけない。

作りつづけても売れなければ生き残れない。

時代はエコと称しながら、エコにはなれない現実がある。


自分の行動を考え直す必要がないか?
[PR]
by tys76 | 2008-06-22 15:56 | 社会
<< 東北地方太平洋沖大地震 M9.... 新GT-R >>